2011年08月19日

この前引っ越しました。引越しの査定額は変化する

先日引っ越しました。
で、査定を何社かに頼むと、値引き合戦がすごかったです。
今決めてもらえれば、いくらにしますよとか、あそこより安くしますというような感じで。
引越し業者って今競争が激しいんですね。
東京だけで100社以上あるとか。だから、引越しの料金は交渉次第でかなり安くできると思う。
大手でもかなり値引きは可能だし、小さいところなら、本当にこれでいいんですか?という値段になりそう。
うちの義理妹は、数万円で全部やってもらったそうだから。

この前たまたまエステに行ってきいたんだけど、登録かなんかでできる格安(か無料)の引越し業者があるとか、プロレスラーがやっているところがあるらしいです。
確かに、引越しって多少の知識があれば誰でもできそうな感じもするし、参入が簡単なのかもしれません。あまり安くしすぎるのも従業員さんの給料とか大丈夫かな〜って心配になりますけどね。
ほどほどにしてください。

見てて思うのはものすごく体力がいりますよね。
1日がかりであの作業を毎日にようにやるのはかなりの気力と体力がいる。
安い価格なのに、スゴイとおもいました。
ともかく、うちの引越しもかなり頑張ってやってもらって、業者さんありがとうございました。

2009年07月07日

外為ドットコムが一番なのはなぜか


数あるFX業者の中でも口座数がナンバー1といわれているのが外為ドットム。
正確には知らないが4年連続と言われているから、間違いはないだろう。
外為ドットコムが一番の大きな理由は、初心者向けであることと、やはり歴史が古く、昔からマーケティングをしていることに尽きる。
もちろん使いやすいサービスではあるし、信用力も情報力も歩けどコストは割高な面もある。
バーチャルがあるところは最初に取引に使う業者としては最適なところもひとつあるだろう。

2009年05月08日

オーネットの口コミ、評判を友人から


空前のコンカツブーム。
友達でもお見合いパーティーの話を聞くことも多くなっていた。
少し前まで出会いないねえって言い合っているだけだったので進歩といえば進歩だろう。

ただお見合いパーティーは、その場では盛り上がるけど、あとあと付き合いにつながるか?
っていわれるとそうとも限らないみたい。

でもそれで結婚しちゃう人は確実にいるから、結局は縁ってことなのだろう。
良い縁転がっていないかなと思うこのごろ。
友人達はこの前オーネットにいってきたらしい。
入会するかどうかはわからないけど、言ってきた人のオーネット評判はなかなかだった。
しっかり結婚したいなら、オーネットとかの相談所がいいのかもしれないけど、
やっぱり条件で選ぶのは難しそう。

レーシック手術を受けてきた友人

レーシック眼科で感染事件が起き、こわいなあと思っていた矢先、友人がレーシック手術を受けてきました。
すごいね〜といったら、あの事件前に予約しちゃったし、大きい医院だから大丈夫かなと思って。
とのこと。
けっこう流れ作業的だったみたいだけど、効果はばっちり。
すごく見えるようになったと大喜びでした。
確かにレーシック手術自体の失敗率は低いみたいなのでその点は大丈夫なのかな。
最近は医師自体が受けている人もいるみたいなので安全度は上がってきているんだろうとは言われてますよね。

追記:この前、大学のえらい先生がレーシックはかなり安全と言っているのをラジオで父が聞いたらしい。
自分も受けているんだそう。
ただし、きちんとした医院を選ぶ(できれば大学病院で)という話をしていたみたいですね。

2009年04月26日

婚活(コンカツ)ブームと不況の関係


不況になると結婚がブームになるという。
女性は安定を求めるのだろうか?
確かにバブルの頃は3高が流行って、異性に望む条件が高くなり、
別にいい人がいなければ結婚もしなくてもいいかと強気になるものなのかもしれない。
今の40くらいの人は結構元気でバイタリティのある人が多いのはバブル世代だからなのだろうか?

婚活(コンカツ)が流行っている今の世代は、バブル崩壊後で、3高よりも堅実に安定している人がいい、家事を分担してくれる人がいいとか、貯金が趣味とか安定志向になってきている気がする。

男女ともこの不透明な時代を乗り越えるのにふさわしいパートナーを見つけたいという気持ちが結婚活動に向かわせるのかもしれない。

2008年08月16日

FXブーム

株式市場の低迷もあり、最近は株よりもFxが人気だ。
株より簡単で、小資金で始められるところが人気の理由らしい。
証券会社のHPのアクセス数はかなり減り、今やFX取引業者やFX業者比較のアクセス数やFX口座開設数がうなぎのぼり。
各FX会社はFXキャンペーンを行ったり、特典をつけて、顧客獲得に必死だ。
取引も夜できるから、OLやサラリーマン、主婦まで取引しているらしい。
FX会社の数も増えてきているが、その分金融庁も締め付けも厳しくなってきて、行政処分を受ける会社も出てきた。安全に取引を楽しむために、業者選びには気をつけたいものだ。

美容の努力

この前、同級生と話していると、じつはかなりの割合でエステ経験者がいることがわかった。特に女子大出身の子は、やはり、エステ率や脱毛率が高い。女が集まっていると、女が磨かれるのだろうか?
せっかくなので、永久脱毛の体験談やエステ口コミ、女子大生に人気のエステランキングなどを聞いてみる。
けっこう高いお金を払って、みんないっているものだと感心。
ひとりは、下半身太りをどうしても解消したくて行ったのだそうだ。
けっこう、効果はあったらしいが、やっぱり努力を続けないといけないらしい。
女子度を上げるのは大変なんだね・・と思った一日。
夏までにはどうにかダイエットしたい。

脱大型車

アメリカの大手自動車会社が、ついに脱大型車に向けて動き出した。
アメリカといえば、大型車というイメージだったのだが、この原油高で大型車の売れ行きが悪いのだろう。
国内でも小型車が人気らしい。車売却車下取りは、大型車より小型車の方が高く買い取ってくれるようだ。
これは人気が影響しているのだろう。
大型車を作ったほうが、単価も高く、利益がたくさんとれるので自動車メーカーにとってはよいのだが、売れなければしょうがない。
小型車をたくさん売って、利益を積み上げる戦略をとっていくようだ。
市場には、人気などいろいろな変化があるので、企業も変化に対応していくのが望まれる。